車の下取りより買取の方が高額査定になる理由

車の下取りより買取の方が高額査定になる理由

車の下取りを依頼する場合、一括下取り査定という訳にいかず1社ずつ申し込みしていく事になります。せいぜい2〜3社に車の下取り査定で終わってしまうのではないでしょうか?

 

車の一括買取査定の場合、最大10社から買取査定を受けられるのでその中から高額な業者を選ぶだけでカンタンです。中々、車の下取りで査定価格がつかなかったケースでもパーツや部品の買取を行っている業者があるので思いがけない価格で売る事ができます。

 

結局、車の下取りの場合は競争相手が少ないので高額査定の価格になりにくいデメリットがあるのです。そして数あるディーラーの中に、海外売却に強い業者が数多くあると年式が古い車や故障した車でも価格が付くのが強みとも言えるでしょう。下取りの場合と比べて、古い車ほど買取価格に差が出る様です。

 

そして買取業者で比較しても50万以上も査定が変わってくる事があるから驚きますよね。50万円も安く売るより断然に50万円高く買取してもらってこそ一括査定のメリットを味わえるのですから。

 

平均すると車の下取りより買取の方が16万円ほど高くなるんです。16万円だって大きなお金である事に変わりはありません。絶対に損しない方法で車を売りたいなら一括買取査定がベストな方法ですね。

 

高額買取が可能なオンライン一括査定の詳細を確認ください!